台湾高雄市について
高雄市は台湾南部に位置し、海と山もあり、自然が多くあります。 代表的な特産物は蜂蜜、パイナップル、ライチとマンゴーです。 果実はどれもとても甘み深く、台湾ならではの味と言えます。

400ヘクタールにわたり龍眼の木が覆い茂り、たくさんの蜂が訪れる。そして、台湾高雄市大崗山(だいこうざん)で龍眼蜂蜜を収穫されます。

龍眼はライチに比べ、実はやや小さく、甘みの強いのが特徴な果実です。

龍眼蜂蜜は香りが高く、コクとまろやかな味わいが特徴です

ライチの木が覆い茂り、たくさんの蜂が訪れる台湾高雄市大樹(だいじゅ)区でライチはちみつを収穫されます。

高雄市のライチは太陽をいっぱい浴びており、とても美味です。

ライチ蜂蜜は、ライチの上品な甘い香りが立ち、あっさりとした味わいが特徴です。

取り扱いついて
* 直射日光を避け、常温で保存して下さい。
* 1歳未満の乳児には与えないでください。
* 結晶が出やすい商品です。品質には問題ありません。

蜂蜜は単糖であり、体内に簡単に吸収され、細胞のエネルギー活動に変換される単糖類です。

そして、体に蓄積されない脂肪であります。

蜂蜜の生産と相まって、蜂は様々な酵素を添加し、一つはグルコースオキシダーゼで、グルコン酸を加水分解して、グルコン酸と過酸化水素を生成させて、微生物を消滅する。そして、次にインベルターゼにより単糖に変換する。

殺虫剤や抗生物質残留物がなく、安全です。

独立した第三者テストユニットのテストを委託し、殺虫剤および抗生物質残渣の試験基準を通しています。

文誠養蜂場は1961年に創業。
創業者の陳聰文(チン ソウブン) さんは養蜂50年以上のベテランです。

彼の人生には、ㄧものに集中してきた。そして、蜂と蜂蜜は、養蜂家の彼にとって最も身近なものです。

事業を始まる前に、まず、養蜂場の場所選定が一番重要なキーポイントとなりました。

花開きの時期が異なるため、彼は何十年も乗っていったオートバイに乗って、台東、花蓮、台南、台中等に尋ね、台湾一周走りながら、花を咲く状況や周囲の環境、蜂巣との距離などを観察しました。そして、良好な場所を見つけた後に、蜂を連れて行きました。 一つの蜂の巣箱は一つの家であり、何万匹を一緒に住んでいる。その家の構成はクイーン・ビー、ワーキングビーとドローンとなっています。

彼は順番に、蜂の種類を改善し、家をリードしている女王蜂の健康を確保する度に、繁殖力が強い子孫を作っていく。それだけでなく、蜂家族の生活がスムーズと平和で進められるように、彼も定期的に巣箱のチェックを行っている。

WEN&CHENG HONEY経営者の理念

二代目の陳政誠(チン セイジョウ)さんは25歳の時、自分の将来をいくら考えても、答えが出れず、一歩も踏み出せない自分に迷っていました。気分転換のために、彼が山の上に行って、1日中自分が何年も見てきた蜂達を見ながら、一気に答えと彼がやりたい事を見つかりました。彼は蜂と同じことをしたいと思って、それは冒険、トランスファー、連携、そして共に生きていく。

汙染のない環境で、蜂は良い蜂蜜を作り出すことができます。

汚染のない環境は、よい農家パートナーを主張することからです。しかし、彼らは蜂がハニーを集める時のような天敵が多い市場で生き残る必要があります。 もし、みんなで機会と物流を開拓し、消費者支援と相まって、利益が良いサイクルになれたら、最高のサポートになれると思います。

文誠養蜂場は1961年に創業。

創業者の陳聰文(チン ソウブン) さんは養蜂50年以上のベテランです。

彼の人生には、ㄧものに集中してきた。そして、蜂と蜂蜜は、養蜂家の彼にとって最も身近なものです。

事業を始まる前に、まず、養蜂場の場所選定が一番重要なキーポイントとなりました。

花開きの時期が異なるため、彼は何十年も乗っていったオートバイに乗って、台東、花蓮、台南、台中等に尋ね、台湾一周走りながら、花を咲く状況や周囲の環境、蜂巣との距離などを観察しました。そして、良好な場所を見つけた後に、蜂を連れて行きました。

一つの蜂の巣箱は一つの家であり、何万匹を一緒に住んでいる。その家の構成はクイーン・ビー、ワーキングビーとドローンとなっています。

彼は順番に、蜂の種類を改善し、家をリードしている女王蜂の健康を確保する度に、繁殖力が強い子孫を作っていく。それだけでなく、蜂家族の生活がスムーズと平和で進められるように、彼も定期的に巣箱のチェックを行っている。

WEN&CHENG HONEY経営者の理念

二代目の陳政誠(チン セイジョウ)さんは25歳の時、自分の将来をいくら考えても、答えが出れず、一歩も踏み出せない自分に迷っていました。気分転換のために、彼が山の上に行って、1日中自分が何年も見てきた蜂達を見ながら、一気に答えと彼がやりたい事を見つかりました。彼は蜂と同じことをしたいと思って、それは冒険、トランスファー、連携、そして共に生きていく。

汙染のない環境で、蜂は良い蜂蜜を作り出すことができます。

汚染のない環境は、よい農家パートナーを主張することからです。しかし、彼らは蜂がハニーを集める時のような天敵が多い市場で生き残る必要があります。

もし、みんなで機会と物流を開拓し、消費者支援と相まって、利益が良いサイクルになれたら、最高のサポートになれると思います。